ごみを減らすために日頃から心掛けられること

リサイクルするのが良い方法

>

紙製品をリサイクルしよう

資源ごみを出す日

各地域で、週に1回ほど資源ごみを回収してくれます。
その時に紙製品を出してください。
燃えるごみに出すと、リサイクルされないので地球環境が悪くなります。
紙製品は資源ごみだと、しっかり理解してください。
雑誌や新聞紙を出す時は、紐でしっかり縛りましょう。
それだけでなくコピー用紙は、メモ用紙も資源ごみになります。

何でもリサイクルすることで、新しい紙に生まれ変われるので積極的に資源ごみに出しましょう。
いつ出せば良いのか、日にちを調べてください。
地域によって、2週間に1回というペースの場合もあります。
出せる日が限られているので、チャンスを逃さないでください。
牛乳パックなども資源ごみに出せるので、用意しておきましょう。

綺麗に洗ってから出す

食品が入っていたトレイは、ごみに出す前に洗ってください。
そのまま出すと、臭いの原因になります。
牛乳パックも同じなので、綺麗に洗って、小さく解体すると良いですね。
またスーパーや駅に、資源ごみの回収ボックスがあります。
そこに持って行っても良いでしょう。
都合が悪くて、地域で回収する曜日に資源ごみを出せなくても安心ですね。

駅にもあるので、毎日会社に行くために利用している人は、そこに資源ごみを出しても良いでしょう。
身近なところに回収ボックスがあるので、簡単にリサイクルできると思います。
余計なごみを減らして、資源の無駄遣いを削減してください。
森林がこれ以上伐採されないように、みんながリサイクルしなければいけません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る